「忙しい」の感覚と、実際にこなしている業務量の違い

「今、忙しいから後にしてください!」仕事をしていると、そういう言葉に出会うことはよくあります。しかし、実際にその人がやっている仕事の量を聞くとそれほど多くなかったり、〆切が近い訳でもない…ということも、これまたよくあることです。逆に、ものすごく沢山の業務を捌いているのに余裕そうに見える人も居て、この違いで信頼を得られるか、次の発注があるかなどが大きく変わってきます。
では、両者の違いはどこにあるのでしょう?単純に頭の良さや要領の問題もありますが、心がけによっても大きく変わってくるように思います。つまり、簡単に「忙しい」と言ってしまう人は、今やっている業務の優先順位がどのくらいで、いつ頃までに終わりそうなのか見通しが立っていないのです。そのせいでゴールが見えなくなり、簡単に「忙しい」と言ってしまうのです。この仕事はどのくらい時間がかかって、いつまでにやらなければならないのか、その見通しを立てるだけで目先の業務を俯瞰することができ、余裕が生まれて、主観的な「忙しさ」から解放されるはずです。ミュゼ 100円 部位

せっかく雨で砂埃が落ちたのに泥水を撥ねてしまった

私は普段あまりこまめに洗車をすることがないので、雨が降ると「これで土埃が落ちるかな」と思ってしまいます。
ガソリンスタンドで給油したときなどは、一応用意してあるタオルでガラスを拭いたりはします。
しかし、車全体をきれいにするような洗車は、たぶん3ヶ月に一度くらいの頻度です。
なので、よく晴れて乾燥している時期などには、車全体が土埃にまみれてしまいます。
先日もわりとしっかりと雨が降ったので、それまでちょっと白っぽく土埃の着いた車がいつのまにかきれいになっていました。
しかし、そんな得した気分も束の間、思わぬ落とし穴が待っていました。
その日は本当に強い雨だったので、いつもはバスで職場に通勤している母親を車で送ってあげました。
しかし、母親の職場までの途中に舗装されていない細い道があるのです。
せっかく雨できれいになったと思ったのに、水たまりの泥を跳ねてしまい、足回りだけがちょっと汚れてしまいました。
まあ、仕方のないことといえば仕方のないことだし、そもそもしっかり洗車すればいいだけの話です。
でも、ちょっと残念な気持ちになったというのが正直なところだし、早く舗装してくれれば良いのにな…なんて思わずにはいられませんでした。脱毛ラボ 都度払い

アニメの方はアニメの方で面白くって見ています

今、ドラマで櫻子さんの下には死体が埋まっているというのをやっています。櫻子さんは観月ありささんで、少年はキスマイの藤ヶ谷太輔くんなんですが、ドラマはちょっと大人仕様って感じなっています。なにせ少年って呼ばれているのに、25歳くらいの男性なんですからね。でもまぁ、そこそこ面白いし、いろんな事件がリンクしていて面白いなって思っています。
で、アニメの方もあるのでそちらを今見ています。興味深いのが、櫻子さんがアニメでは割りと若いのと、少年もしっかり高校生です。それに関係がちょっと違うといいますか。櫻子さんの感じがドラマと違うので、こちらはこちらで面白いかなって。今前後編を見ているところなので、さっさと後編見ちゃいたいかもって感じです。アニメが先に始まったので、まとまって見ることができるのが嬉しいですね。まとめてさっさと見てしまった次のアニメとかもみたいな?なんて思っているところです。面白いやつ探したいところです。

大谷選手に続いて、清宮君もメジャーに挑戦してほしいです。

大谷翔平選手の大ファンで、日本ハムファイターズをずっと応援しています。メジャーリーグに挑戦する大谷選手の姿を見ていると、感動してしまいます。必死に努力して、多くの人を二刀流ができるということを納得させてメジャーに行くということは並大抵の人ができるわけではありません。大谷選手だからこそできたことであり、これからメジャーでどのような姿を見せてくれるのか、楽しみでなりません。一緒に大谷選手の夢を見ることができることが嬉しいです。大谷選手のいない日本ハムファイターズは寂しい反面、嬉しいニュースもあります。清宮君が日本ハムファイターズに入団することが決まりました。大谷選手のように、必死に野球だけを見つめて、メジャーに挑戦する選手になって欲しいと思っています。先日、清宮君がデートしている姿が報道されました。プロ野球に入った初めの2年間だけは、必死に野球にもがく清宮君でいてほしいと思っています。それだけ輝く能力があると信じています。大谷選手に続いて清宮君もメジャーに挑戦してほしいと思っています。http://www.tmtracking1.com/knowhow/kinjyo.html

同じサービスは、10倍の費用が掛かります

ここまで、親切にするべきだろうかと思うこともあります。日本人は、優しすぎます。親切すぎます。どれほど居心地のいい国なのか、もちろん、すべての日本人が知っていますが、ダントツで、世界一だということを分かっていないのです。なぜなら、ここまで、外国の人にやさしい国はないからです。高級なところは別です。超安い値段なのに、親切よいうことです。ありえませんね。同じサービスを受けようと思うと、10倍はかかるでしょう。
たまたま、時間的に、デパートの閉店間際に出かけていきました。お惣菜目当てだったのですが、人気のある所には、行列ができていました。そこで、大量にかいこんでいるおばさんがいました。どこまで、買わなくても、もっと、いろいろ別のお店で買ったらいいと、見ていたりします。悲しいかな、2000円近くも買い込んでいて、大家族なのだろうかと思ってみていました。そこで、後ろに並んでいた人は時間がかかっていましたね。

しょってる、という言葉は多分アニメで覚えた。

しょってるという言葉、おそらく一番この言葉を覚えたきっかけはアニメだと思うのだが記憶が定かじゃない。多分赤塚不二夫の女性漫画のアニメで秘密のあっこちゃんのキャラクターの1人が「しょってらあ」って何回か口癖のように言っていたと思う。おそらく幼稚園すくなくとも小学校の低学年であったからそこまでは覚えていないんだけどね。意味は、気取っているという事だけど、たぶん背負っているからしょってるって言い方をしていたんだと思うんだけど、それがどう関係してくるのかわからない。
このように、アニメで覚える言葉もあるから漫画(アニメ)ばかり見てないで、と捨てたもんじゃないなというような気がするわけだ。
結構、この辺の言葉はわからなかったら辞書で調べる癖をつけたほうが良いと思われるので、気になった言葉は小学生の時に辞書で調べるかネットで調べる癖を子供に付けたほうがいいかもね。もちろん、あまりにも多くやらせてしまってはお子さんも嫌がるとはおもうけどね。

あんかけ焼きそばを作りあげるときの肝二つ

クッキングチャンネルを見ていたら、陳健一ちゃんがあんかけ焼きそばの製法を紹介していました。
さほど知らなかった段階が2つありました。
1つは焼きそばを炒めるタイミング、市販の麺って四角の状態で固まってるのでわたくしなんかは躍起になってほぐそうと講じるんですけど、おや、ほぐさなくてよろしいらしいです。固まってるとおり世間に焦げ目が付くぐらい焼くと、デコレーションカリッと、内側はもっちりの舌触りになって旨いそうです。ああ、確かに、無理に解すと全体的にパサパサした感じになるんですよね。
さらには、あんかけのあんを見つけるタイミング、最後に水溶き片栗粉でとろみを塗り付けるんですけど、わたくしなんかはとろっとしてきたらアッという間に火を押さえるのですが、そうじゃなく、とろみがついた以下も強火できちん火を通しておくのが大事とのことです。そうすると、食べてる途中でとろみがなくなることがないそうです。確かに、あんかけって食べてるうちにシャバシャバになってくる振舞いありますよね!加熱が足りなかった所為とは知りませんでした。
少ないクッキングチャンネルでしたけど、随分勉強になりました。海宝の力 楽天

現代の若い人達に感じるすごく良い点と?な点

歳を重ねると若い人達と交流する事は楽しいものです。
未熟さや青さが見えてしまう事もありますがそれもまた初々しくて魅力があり,逆に若い人達からはっと気付かされる事もあります。
大学の先生方に若く見える人が多いのは,常に若い人達と接していることが理由かもしれませんね。
芸能人の人達が若さを保っていられるのも同じ理由かもしれません。
また現代の若者はブランド志向も物に対する欲求も低く慎ましやかな生活もいとわない人達も多いので,しっかりしているなと感心してしまいます。
良い事ばかりと思われる若者達ですが,少し気になる所があります。それは地位や実績で人を評価する人が多い事です。
スポーツや事業,芸術・学問でも実績を残した人は強く賞賛しますが,逆の場合のパッシングも強いです。
それは若者だけの傾向ではありませんが,以前は若者の中でもそんなに落差は感じませんでした。
相手の看板だけでは判断できない奥深さが人生の先輩方にはあるわけですから,多様な人と接して人間性を磨いていって欲しいものです。

プロ将棋の中学生藤井聡太四段が新記録達成

中学生のプロ棋士として注目を集める藤井聡太四段が,プロになってから29連勝という新記録を達成しました。
プロ転向初戦のひふみんこと加藤一二三・九段との対戦で勝利して以来負けなしですから,信じられないような偉業です。昨夜のNHKニュース9では番組冒頭からなんと36分間も取り上げ,他のニュースを後にまわす異例の扱いでした。
自分も子供の頃に将棋をしたことはありますが,一時間もたたないうちに勝負はついていましたから,朝から夜の9時過ぎまで対局するというイメージが湧きません。
食事も二度挟んだようですから本当の長期戦ですが,アニメ「3月のライオン」を見ても長期戦は当たり前に描かれていましたから,多分そういう世界なのでしょう。
実力はもちろん,集中力を持続する能力が求められる世界だということがよくわかります。
自分も子供の頃は,年上の従兄弟達と将棋をして勝っていた記憶があります。今は一人でもコンピューター相手に練習できますから,将棋を練習しようかなと思ってしまいました。

店頭にて10年以来風の除草業務をしました

入り用の始業半前から、法人の敷地一環の除草進め方をすることになりました。その分ターム外側助けがついたら嬉しかったのですが、残念ながら飲み物1本でした。
さて、皆で草取り用の手袋をして、手分けをして除草進め方に移ります。わたくしは花壇の草を抜いていきました。主将から「間違って花まで抜かないようにね」と言われ、ちゃんと心掛けました。毎年誰かしらは間違って抜いてしまう。わたくしは鎌を持っていなかったので、鎌を僅か借りた要所、大きくはかどりました。もらえるところは手で頑張っていましたが、オプションのテクノロジーには勝てません。
幅広い敷地も手分けをすればやけに手早く終わってしまいました。しかしタームが現れるまで断ち切ることも出来ず、敷地外の路地のクライアントまでやっていました。側溝の蓋には雑草があるものです。しかもいやに根強くヤバイでした。思い切り少ない土地で敢然と成長するのだから、ライフテクノロジーの強さを感じます。
暑い下での除草進め方が終わりました。これからは春秋とあるそうです。たまにはリフレッシュになるのかなと思います。いぶきの実 ドラッグストア